相談するメリット

税理士に、相続の相談をするメリットについてご説明します。

まず1つ目に、手間が省けるという事が挙げられます。相続については専門的な知識が必要です。その為、素人の場合1から調べて勉強しなければなりません。相続税の申告は、相続する財産が基礎控除額を上回ると発生します。この計算は非常に複雑でありミスをすると再度、修正申告をしたり、税金が余分に発生する恐れもあります。しかし、税務のプロである税理士に相続相談をすれば節税ができるだけでなく、疑問点にも的確に答えてもらえるのです。印鑑証明や戸籍の取得以外は、税理士が対応してくれます。
2つ目に相続税の減額です。相続税の申告後は、税務調査が行わる可能性があります。税務調査は非常に厳しく、知識のない素人ではとても対応しきれません。しかし、事前に税理士が、税務代理権限証書や書面添付制度を税務署に提出していると、相続人への税務調査前に、税理士のみの聴取が行われ、ここで解決すれば、税務調査は行われません。解決できずに税務調査が行われた場合でも、税理士が全て対応してくれます。

相続を専門としている税理士であれば手続きに関して、的確にアドバイスをしてくれ、親身になって相談に乗ってくれます。事前対策をしっかりと行ってくれる為、税務調査など一人ではどうにもならない事でも、全面的にサポートしてくれます。