相続とは

相続とは、被相続人が死亡した際、配偶者や、子供、あるいはその他の人物が、死亡人の財産を引き継ぐ事を言います。相続人は民法で定められています。配偶者はいかなる場合でも、相続人として認められており、その他に1番目に子供、2番に死亡人の直系の父母や祖父母、3番目に死亡人の兄弟姉妹となります。ただし、内縁関係の人は、配偶者とみなされません。また、相続の分割について、遺言書が無く、相続人とされる全ての人で協議し、合意に至らなかった場合、裁判で法定相続分を決めます。配偶者と子供が相続人である場合、配偶者は2分の1、残り2分の1を子供の人数分で均等に分けます。配偶者と直系尊属が相続人である場合、配偶者が3分の2、残り3分の1を直系尊属の人数分で均等に分けます。配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合、配偶者が4分の3、残り4分の1を兄弟姉妹の人数分で均等に分けます。

また、死亡人の財産を相続人が相続する場合、相続税がかかります。相続した財産が、基礎控除額を超えた場合、超えた分に対して課税されます。越えなければ課税されない為、相続したからと、必ず相続税が発生するわけではありません。相続税が発生した場合は、相続税の申告、納税を行います。これは、被相続人が死亡してから10か月以内に行います。