税理士への相続相談

Pocket

相続相談は、相続の内容により相談する専門家が異なります。相続の登記については弁護士と司法書士、相続の分割の際のトラブルが起きた場合の調停や訴訟の代理は弁護士、相続税の申告については税理士が行います。ここでは、税理士への相続の相談について、ご説明します。

財産を相続した場合、全財産の合計額が基礎控除額を超える場合、相続税の課税対象となります。相続税の申告は、3600万円以上の財産を相続した場合のみとなります。このような場合、まず税理士に相談します。相続税の申告や手続きが必要な場合は、税理士に依頼します。その他、相続する財産の評価や準確定申告の申告も、事前に税理士に相談し、依頼します。相続財産は現金や預貯金、株や有価証券などの他に、不動産や貴金属など死亡人名義のものは全て、含まれます。相続財産の評価は原則、被相続人の死亡日の時価で計算されます。評価の仕方は様々で、宅地の場合は路線価方式や倍率方式、家屋は固定資産税評価額で計算されます。どれも専門知識が必要とされるので、この場合は税理士に依頼します。準確定申告は死亡人の代わりに、相続人が死亡人の所得税などの確定申告を行う事です。

相続税の申告は、税理士のみ行える作業です。自分でも行う事は可能ですが、相続税の申告はもちろん、それ以外の作業も専門知識が無ければ難しく、時間を要します。まず、何が必要か、何から行えば良いのかを税理士に相談し、サポートを受け手続きをしましょう。

Pocket